横浜市戸塚区 整形外科 ふくむら整形外科|本郷台

雪ノ下バス停下車すぐ 045-881-2929
ふくむら整形外科
045-881-2929

整形外科

整形外科

整形外科とは

整形外科は、体の土台となる骨・関節などの骨格系、およびそれを取り囲んでいる筋肉や腱、またこれらを支配している神経系からなる「運動器」(体の動きに関係する諸組織・器官)の疾病・外傷を対象とし、その診療を行う専門科です。
例えば捻挫、骨折、脱臼、切り傷、打撲などの外傷をはじめ、肩こり、腰痛、膝痛、手足のしびれ、神経痛など、日常的によく起こる体の痛みや違和感などを扱います。

皆様の整形外科「かかりつけ医」です

診察

当院は、地域にお住まい・お勤めの方々の身近な整形外科「かかりつけ医」として、皆様の信頼と期待にお応えしていきたいと考えておりますので、どんな些細なことも遠慮無くご相談ください。丁寧な問診と診察をし、患者様お一人お一人の“手当て”をしっかり行います。
実際の治療にあたっては、保存療法、手術療法などから適切な方法をご提案し、一緒によく考えながら治療を行っていきます。なお、膝や股関節の変性疾患などについては、提携病院において最小侵襲手術(患者様のダメージを最小に抑えた手術)を院長自身が行います。

こうした症状が多く見受けられます

  • 肩や首が凝る
  • 腕が上がらない
  • 首、肩、腕、肘、手などが痛む
  • 腰、股関節、膝、足、背中などが痛む
  • ぎっくり腰を起こした
  • むち打ち症になった
  • 手や足などがしびれる
  • 手指がこわばる
  • 指を伸ばす時に引っかかる
  • 突き指をした
  • 捻挫、骨折、打撲、脱臼をした
  • 切り傷、すり傷、やけどなどの外傷を負った
  • スポーツ中にけがをした など

症状別にみる整形外科領域の代表的疾患

よく見られる症状 考えられる主な疾患
首の痛み、肩のこり 頸椎症、頸椎ねんざ(寝違え、むち打ち症)、頸椎椎間板ヘルニア、頸肩腕症候群
肩の痛み 五十(四十)肩(肩関節周囲炎)、腱板損傷
腰の痛み 腰椎捻挫、腰椎椎間板ヘルニア、変形性腰椎症、骨粗鬆症、腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離・すべり症、坐骨神経痛
足の痛み 足底筋膜炎、有痛性扁平足
足指の痛み 痛風、外反母趾、巻き爪(陥入爪)
肘の痛み 上腕骨外側(内側)上顆炎(テニス肘、野球肘など)、肘内障、肘部管症候群、変形性肘関節症、離断性骨軟骨炎
膝の痛み 変形性膝関節症、靭帯損傷、半月板損傷、オスグッド病(小児)、関節水腫、関節ねずみ
すねの痛み シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)
手・手首の痛み 関節リウマチ、腱鞘炎、手指変形性関節症
指の痛み 突き指、デュピュイトレン拘縮、ばね指(弾発指)、ヘバーデン結節
ももの付け根の痛み 変形性股関節症、単純性股関節炎
手のしびれ 頸椎椎間板ヘルニア、手根管症候群
足のしびれ 腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、慢性閉塞性動脈硬化症(ASO)

捻挫とは

関節に不自然かつ強い外力が加わって、関節を支えている「靭帯」の一部が伸びたり切れたりして損傷した状態のことです。骨折は伴いません。複数の靭帯が完全に断裂するような重いケースもあります。ただし、このような重傷例は靭帯が断裂する際に必ず関節のずれが生じるので、靭帯損傷と呼ばれます。捻挫は体じゅう至るところの関節で起こりえますが、もっとも多いのは足首の捻挫です。

捻挫の症状と治療法

捻挫を起こすと、関節周辺が腫れて痛むとともに、内出血も起こります。
応急策として、RICE処置*を行いましょう。
捻挫の治療は原則として保存的(手術によらない)に行われます。テーピングやサポーターなどによって患部を固定して関節の動きを制御し、関節にかかる負担を軽減します。固定を外した後も、すぐに激しい運動をするようなことは避け、適切なリハビリテーションを行ってください。捻挫しやすいスポーツをされている方は、スポーツ用のテーピングやサポーターなどで予防するようにしましょう。

*RICE処置:下記の「4つの必要な処置」の頭文字をとって名づけた外傷時の応急手当ての方法です。損傷直後にRICE処置を行うことで、治癒を早めることができます。

1.Rest(安静)
受傷直後から体内では、痛めた部位の修復作業が始まりますので、その作業を邪魔しないように、受傷後は安静にすることが大切です。
2.Ice(冷却)
患部を冷やすことで痛みを軽減させることができ、また冷却によって血管を収縮させることで腫れや炎症を鎮めることができます。
3.Compression(圧迫)
患部に適度な圧迫を加えることで、腫れや炎症を鎮めることができます。
4.Elevation(挙上)
心臓より高い位置に挙げることによって、重力の力を借りて腫れや炎症を鎮めることができます。

骨折とは

骨とその周囲は神経と血管が張り巡らされていますので、骨折すると、その部位に痛みと腫脹が出現します。骨折がひどい場合は、動かせなくなったり、外見が変形したりします。しかし、単なる打撲や関節脱臼でも似たような症状が出るので、診断をはっきりつけるにはX線撮影をします。しかし、痛みがそれほどでもなく、見た目は変形していなくても、骨折していることが少なくありません。特に「捻挫」や「突き指」だと思っていたら骨にヒビが入っていた(ヒビも骨折です)といったことは、しばしば起こります。ヒビが入っているかどうかを外から観察するだけで見分けるのは難しく、X線撮影をしてはじめて正確な診断がつけられます。
軽度の骨折であっても、放置すると骨がうまくくっつかず、変形したり、治癒までに時間がかかったりしますので、初期には必ず整形外科を受診するようにしてください。

骨折の症状

骨折すると、ほとんどの場合に激痛を覚えます。また、数時間のうちに患部周辺が腫れ上がってきます。また、皮下骨折(患部の皮膚が破れておらず、傷口の無い骨折)の場合、骨や周辺組織からの内出血も起こします。程度にもよりますが、腫れが引くまでには通常2~3週間ぐらいかかります。
特に注意したいのは、「コンパートメント症候群」という合併症です。骨折によって周辺組織が腫れ上がると、血管や神経を圧迫してしまいます。そのために血行障害や神経麻痺を起こし、筋腱神経組織が壊死(組織が部分的に死んでしまうこと)に陥る障害です。いったん組織が壊死に陥ると、その周辺組織の機能障害は永久的に残存するため、初期の迅速な判断・対応が大切です。骨折の治療においては、早期にコンパートメント症候群を予防することも重要なポイントです。

骨折の治療法

骨折治療における基本は、骨を元通りの位置に戻し、固定することです。固定法にはシーネ(いわゆる副木)やギプスなど、様々な方法がありますが、骨折の部位や骨折の程度によりその方法を選択いたします。また、骨折部周辺の安静を必要としますが、一人ひとりの患者様の生活スタイルに合うように、かつ安全に治療が行えるような方法を提案させていただきます。骨がずれていなければそのまま固定しますが、開放骨折の場合や、骨がずれている場合には、固定する前に正しい位置に戻さなくてはいけません。これを「整復」と言います。整復には強い痛みが伴います。麻酔下での整復が必要な場合は、適切に近隣の病院をご紹介いたします。

その他疾患

当院では、変形性膝関節症や変形性股関節症、変形性腰椎症など変性疾患及び肩関節周囲炎の保存療法・リハビリに力を入れております。

変形性膝関節症

膝関節の軟骨が磨り減り、関節炎や変形が生じて、膝の痛みと水が溜まるなどの症状が現れる疾患で、膝の痛みをもたらす疾患として特に多いのが、この変形性膝関節症です。
初期では立ち上がり、歩き始めなど動作の開始時にのみ痛み、休めば痛みは消えます。
しかし、だんだんと正座や階段の昇り降りが困難になり、末期になると、安静時にも痛みがとれなくなって、膝関節の変形も目立ってきます。また、膝をピンと伸ばして歩くようなことも困難になります。
原因としては肥満や遺伝素因も影響しますが、主なものは関節軟骨の老化であり、年齢とともに増加します。
また骨折、靱帯や半月板損傷などの外傷、化膿性関節炎などの感染の後遺症として発症することもあります。

変形性膝関節症の治療

痛み止めの内服薬や外用薬を使ったり、膝関節内にヒアルロン酸の注射などを打ったりして治療します。
また、太ももや膝まわりの筋肉を鍛えて膝関節を支える力を強くすることが大切です。
さらに関節可動域改善訓練などの運動器リハビリテーションを行ったり、膝を温めたりする物理療法を併せて行います。
足底板(靴の中敷き)や膝装具を作成して、治療の一助にすることもあります。
このような治療でも治らない場合は、手術療法を検討します。
手術療法には、関節鏡(内視鏡)手術(膝の中にカメラを入れて骨棘(こつきょく:骨のとげ)を処理する)、高位脛骨骨切り術(骨を切って変形を矯正し、膝の内側にかかる負担を軽くする)、人工膝関節置換術(変形した部分を人工の部品で置き換える)などがあります。

変形性股関節症

変形性股関節症は先天的な原因や、後天性の疾病やけがなどにより股関節の構造に破綻が生じた状態を言います。患者様の多くは女性で、関節痛と機能障害が主な症状です。
股関節は鼠径部にあるため、最初のうちは立ち上がった時や歩き始めた時などに脚の付け根部分に痛みを覚えます。進行するに従ってそうした痛みが強くなり、いつも痛むようになったり、夜寝ている時にも痛んだりするようになります。
日常生活においては、足の爪切りが難しくなったり、靴下が履きづらくなったり、正座ができなくなったりします。また長い時間の立ち仕事がつらくなり、階段の昇り降りやバスの乗り降りの際などにも手すりを要するようになってきます。
診断では、問診や診察などを行った後で、股関節の可動域制限やX線写真像をみて確定診断をつけます。必要に応じてCTやMRIなどの検査を行います。

変形性股関節症の治療

変形性股関節症と診断されたら、まずはとにかくこの関節への負担を減らして大切に使うことです。どのような使い方をすると痛みが強くなるかをよく把握していただき、痛みが出ないような使い方を工夫することが肝心です。痛み止めを使うという方法もありますが、できれば調子の悪い時やどうしても負担をかけなければならない時に限って用いるようにしたほうが良いでしょう。また体重が多いようでしたら、ダイエットも考えてみてください。もしも抵抗が無いようでしたら、杖の使用もお勧めです。
また、痛みがあるとどうしても歩かなくなりがちで、そうすると筋力が衰えてしまいますので、できれば水中歩行や、平泳ぎ以外の水泳を週に2~3回行うのが理想です。どんな運動を行うにせよ、運動療法はどうしても疼痛を誘発しがちですので、慎重に開始して徐々に強度を上げていくようにするのがポイントです。
こうした保存療法を行っても症状が取れないようなら、手術療法を検討します。初期段階でしたら自らの骨を生かして行う「骨切り術」(関節付近の骨を切り、関節の方向を矯正したり、残っている関節軟骨が荷重部にくるように修正したりする)の適応ですし、関節の変形が進んでいるようなら「人工股関節手術」(障害の生じた関節を人工の部品で置き替える)の適応となります。

変形性腰椎症

椎間板の変性を主体とし、椎間関節や靭帯組織などにも変性と呼ばれる変化を来たした結果、腰部の疼痛やだるさなどの症状を起こす疾患です。
その症状は、起床時などの動作を開始するときに強く、日中動いているうちに軽減することが多いです。
その治療は、局所の疼痛緩和に努めることが多いです。投薬やリハビリなどで疼痛をコントロールし、日常生活に支障を来たさないことを目標に治療を行います。

肩関節周囲炎の症状

関節を構成する骨・軟骨・靭帯や腱などが老化して肩関節の周囲の組織に炎症を来たすことが主な原因と考えられています。肩関節の動きをよくする袋(肩峰下滑液包)や関節を包む袋(関節包)が癒着すると肩の動きが悪くなります。中年以降の女性に多く、そのため五十肩と呼ばれるものがこの疾患になります。その症状ですが、大きく3つの時期を経過します。①炎症期②拘縮期③回復期に分けられますが、それぞれのタイミングで症状と治療が異なってきます。

①炎症期

この時期の症状は、安静時にも痛みを生じ、痛みのため肩がほとんど動かせない状態や、夜間痛みのため、睡眠が十分に取れないことがあります。この症状は2~3週から2~3ヶ月続くこともある。

②拘縮期

この時期の症状としては、痛みは炎症期に比較して落ち着くものの、肩関節の可動域が低下しています。この症状は、6ヶ月から1年ほど続くこともあり、この時期のリハビリは特に重要となる。

③回復期

この時期は可動域が次第に改善し、疼痛もこれに伴って改善する。

肩関節周囲炎の治療

症状を来たしている時期によって治療の考え方は異なる。疼痛の強い時期は、ステロイドの注射が効果的である。当院でも、この肩関節内への注射は、必要に応じてステロイドやヒアルロン酸などを有効に使い分けます。内服薬や外用薬(湿布)なども併用して使用することが多いです。

ご受診にあたって

受診
  • 初診、および月初めの受診の際は、有効期限内の健康保険証(コピー不可)をお持ちください。
  • 就・転職などにより、ご加入になっている健康保険が変わった際は、新しい保険証を受付にご提示ください。
  • 住所や電話番号など健康保険証の内容に変更が入った際は、受付にお知らせください。
  • 受給者証(老人・身障医療等)をお持ちの方は、健康保険証と一緒にお出しください。
  • 再診以降、当医院の「診察券」は受診の都度、ご携行ください。
  • 他の医療機関で薬を処方されている場合は、お薬手帳をご提示ください。
  • 妊娠中、および妊娠の可能性がある方は、必ずお申し出ください。
  • ひどい痛みや高熱、嘔吐などの強い症状がある場合は、受付にお申し出ください。
  • いつ頃から、どんな症状が現れているのか、既往歴(今までにかかった病気)、また健(検)診結果などについてもお教えいただくと、診察がスムーズに進みます。
  • 受診の際は、できるだけ上下に分かれた服装でお越しください(ワンピースやボディスーツですと、診療の妨げなる場合があります)。ネックレスやイヤリングなどの装飾品も、なるべく外していらしてください。
  • 当医院では、個人情報の取り扱いにはスタッフ一同、細心の注意を払っておりますので、安心してご受診ください。

クリニック概要

ふくむら整形外科

診療科目:整形外科
神奈川県横浜市戸塚区下倉田町1869-1
電話番号:045-881-2929(ふくふく)
FAX:045-881-2930

戸塚駅よりバス 雪ノ下バス停下車すぐ

診療時間 日祝
09:00~12:30
15:00~18:30

[休診日]木曜午後、土曜午後、日曜、祝日
※リハビリの受付は午前は12:00まで、
 午後は18:00までとなります。