横浜市戸塚区のふくむら整形外科
  スポーツ障害・骨粗鬆症・リハビリテーション

       

装具外来

 
診察風景

装具とは

Apparatus

装具とは、麻痺などで失った身体機能の障害の軽減を目的にする補助器具のことを指します。義手や義足から、一定期間装用し各部位の補強や矯正を行う治療的な装具まで、その種類や用途は様々です。身近なものですと、腰部コルセット、外反母趾装具、膝のサポーター、CBブレース(特殊な工夫が凝らされた膝関節用装具)、靴や靴の中敷き(インソール)と呼ばれる足底板などがあります。また骨折後やスポーツによる怪我のリハビリ期間に利用するものもあります。

患者様が実生活の中で快適に装具を使用できるように、これらの装具は、どれも完全なオーダーメイドとなります。

装具外来で扱う主な症状は、変形性脊椎症、腰椎圧迫骨折、変形性膝関節症などが挙げられます。

ふくむら整形外科では、週に1度院長の指導のもと、国家資格を有する義肢装具士が患者様1人1人の体に合わせて膝のサポーター、CBブレース、足底板などをお作りします。装具は快適な状態に保てることが大切です。そのための微調整等ご相談もお受けいたしております。

装具作成の流れ

Creation Flow

  ふくむら整形外科の装具外来での装具作成に関します作成の流れをご紹介いたします。患者様に1人1人の状況をしっかりと把握して診断し、患者様にとりまして最善の装具をご提供させていただきます。装具に関して、どんな小さなお悩み・ご不安でもお気軽にご相談ください。

STEP①受診のご予約

お電話にて装具外来の空き状況などをまずはお問い合わせください。スケジュール等を調整させていただきます。

STEP②診察・検査

問診、触診、X線検査などで、患者様の症状や状況について、詳しくお聞きいたします。痛みや痺れなどに関するお悩み・ご不安は何でもお気軽にご相談ください。
診断の結果から、装具の適用を判断し、処方させていただきます。

STEP③採型・採寸・作成

国家資格を有する義肢装具士が患者様1人1人の体にて採型・採寸を行わせていただきます。
オーダーメイドとなりますので、患者様に合わせて膝のサポーター、CBブレース、足底板などを1つ1つ丁寧にお作りします。

STEP④ 装具の微調整

採寸・採型から1週間後にもう1度ご来院いただき、完成した装具を装着していただきます。 そして痛みや装着感などを確認しながら、必要に応じて微調整いたします。

STEP⑤最終チェック

装具装着後、医師によるチェックを受け、特に問題がなければ装具のお引き渡しとなります。
診断書及び装具領収書を受け取った後、後日保険手続きを行い、還付金を受領してください。

治療の流れにつきましては
コチラ

インフォメーション

Infomation

               
                               
住所 神奈川県横浜市戸塚区下倉田町1869-1 3階
最寄り 戸塚駅よりバス 雪ノ下バス停下車すぐ
駐車場 10台完備
電話番号 045-881-2929(ふくふく)
               
診療時間
9:00~12:30
15:00~18:30
 
休診日木曜午後、土曜午後、日曜、祝日
リハビリの受付は午前は12:00まで、午後は18:00までとなります。