横浜市戸塚区のふくむら整形外科
  スポーツ障害・骨粗鬆症・リハビリテーション

一般整形外科

 

一般整形外科とは

Orthopedic

整形外科は、体の土台となる骨・関節などの骨格系、およびそれを取り囲んでいる筋肉や腱、またこれらを支配している神経系といった体の動きに関係する諸組織・器官の疾病・外傷を対象とし、その診療を行う専門科となります。
捻挫、骨折、脱臼、切り傷、打撲などの外傷をはじめ、肩こり、肘痛、腰痛、膝痛、手足の痺れ、神経痛などといった日常的によく起こる体の痛みや違和感などを診断し治療を行い、同時にリハビリテーション医学と連携しながら積極的に症状の改善を促進させ、体の機能的障害を回復させることで、通常の社会へ戻れることを最終目的としています。

当院は、横浜市戸塚区やその周辺の地域にお住まい・お勤めの方々の身近な整形外科「かかりつけ医」として、皆様の信頼と期待にお応えしていきたいと考えておりますので、どんな些細なことも遠慮無くご相談ください。丁寧な問診と診察をし、患者様1人1人の【手当て】をしっかり行ってまいります。

実際の治療にあたっては、保存療法、手術療法などから適切な方法をご提案し、一緒によく考えながら治療を行っていきます。開院から現在までも提携医療機関により、日常生活に不自由を来していた患者様も元気になって日常を過ごされている方が多くいらっしゃいます。

首周辺

頸椎症、頸椎ねんざ(寝違え、むち打ち症)、頸椎椎間板ヘルニア、頸肩腕症候群など

肩周辺

頸椎症、頸椎ねんざ(寝違え、むち打ち症)、頸椎椎間板ヘルニア、頸肩腕症候群、五十(四十)肩(肩関節周囲炎)、腱板損傷など

肘周辺

上腕骨外側(内側)上顆炎(テニス肘、野球肘など)、肘内障、肘部管症候群、変形性肘関節症、離断性骨軟骨炎など

腰周辺

腰椎捻挫、腰椎椎間板ヘルニア、変形性腰椎症、骨粗鬆症、腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離・すべり症、坐骨神経痛など

膝周辺

変形性膝関節症、靭帯損傷、半月板損傷、オスグッド病(小児)、関節水腫、関節ねずみ、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、慢性閉塞性動脈硬化症(ASO)など

足首周辺

捻挫、アキレス腱断裂、足底筋膜炎、有痛性扁平足、痛風、外反母趾、巻き爪、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、慢性閉塞性動脈硬化症(ASO)など

その他にも手首周辺での痛みや痺れでは、関節リウマチ、腱鞘炎、手指変形性関節症、ばね指、突き指、頸椎椎間板ヘルニア、手根管症候群などがあります。

代表的な疾患

Main diseases

整形外科において様々な症状をお持ちの方が来院されますが、その中で代表的な疾患を掲載いたします。ご参考にしていただければ思います。

捻 挫

捻挫とは、関節へ不自然かつ強い外力が加わって、関節を支えている「靭帯」の一部が伸びたり切れたりして損傷した状態のことです。骨折は伴いません。複数の靭帯が完全に断裂するような重いケースもあります。ただし、このような重傷例は靭帯が断裂する際に必ず関節のずれが生じるので、靭帯損傷と呼ばれます。捻挫は体中の至るところの関節で起こりえますが、もっとも多いのは足首の捻挫です。
捻挫の治療は原則として保存的(手術によらない)に行われます。テーピングやサポーターなどによって患部を固定して関節の動きを制御し、関節にかかる負担を軽減します。固定を外した後も、すぐに激しい運動をするようなことは避け、適切なリハビリテーションを継続的に行います。

骨 折

捻挫とは、関節へ不自然かつ強い外力が加わって、関節を支えている「靭帯」の一部が伸びたり切れたりして損傷した状態のことです。骨折は伴いません。複数の靭帯が完全に断裂するような重いケースもあります。ただし、このような重傷例は靭帯が断裂する際に必ず関節のずれが生じるので、靭帯損傷と呼ばれます。捻挫は体中の至るところの関節で起こりえますが、もっとも多いのは足首の捻挫です。
捻挫の治療は原則として保存的(手術によらない)に行われます。テーピングやサポーターなどによって患部を固定して関節の動きを制御し、関節にかかる負担を軽減します。固定を外した後も、すぐに激しい運動をするようなことは避け、適切なリハビリテーションを継続的に行います。

腰 痛

椎間板の変性を主体とし、椎間関節や靭帯組織などにも変性と呼ばれる変化を来たした結果、腰部の疼痛やだるさなどの症状を起こす疾患で、腰の痛みをもたらす疾患として多いのが、変形性腰椎症と呼ばれるものです。急に腰が痛くなり動けなくなった状態を一般的に「ぎっくり腰」といったりもします。
腰痛の治療は、局所の疼痛緩和に努めることが多いです。重症の場合は、手術をすることもありますが、基本、投薬で疼痛をコントロールし、リハビリで腰回りなどの筋力を強化し、腰へのストレスを軽減させて日常生活に支障を来たさないことを目標に治療を行います。

膝 痛

膝関節の軟骨が磨り減り、関節炎や変形が生じて、膝の痛みと水が溜まるなどの症状が現れる疾患で、膝の痛みをもたらす疾患として特に多いのが、変形性膝関節症です。
初期では立ち上がり、歩き始めなど動作の開始時にのみ痛み、休めば痛みは消えますが、次第に正座や階段の昇り降りが困難になり、末期になると、安静時にも痛みがとれなくなって、膝関節の変形も目立ってきます。また骨折、靱帯や半月板損傷などの外傷、化膿性関節炎などの感染の後遺症として発症することもあります。
膝痛の治療は、投薬や膝関節内にヒアルロン酸の注射などで治療します。また、太ももや膝まわりの筋肉を鍛えて膝関節を支える力を強くし、さらに関節可動域改善訓練などの運動器リハビリテーションを行いながら、膝を温めたりする物理療法を併せて行います。

治療の流れにつきましては
コチラ

インフォメーション

Infomation

               
                               
住所 神奈川県横浜市戸塚区下倉田町1869-1 3階
最寄り 戸塚駅よりバス 雪ノ下バス停下車すぐ
駐車場 10台完備
電話番号 045-881-2929(ふくふく)
               
診療時間
9:00~12:30
15:00~18:30
 
休診日木曜午後、土曜午後、日曜、祝日
リハビリの受付は午前は12:00まで、午後は18:00までとなります。